愛媛は日本一安いおすすめ光回線プロバイダが使えるんよ

回線のいちげき

格安SIM

愛媛CATVケーブルモバイルは安い?【電話付きの格安SIM比較】

愛媛CATV「ケーブルモバイル」は初心者以外には微妙

僕の家はケーブルテレビ(愛媛CATV)に加入しています。その影響もあって、愛媛CATVから出されている格安SIM(ケーブルモバイル)の存在も知っているんですよね。

父親などは「愛媛CATVで契約すると安いらしいぞ」と僕に言ってきます。確かにCATV加入者はセットで安くなるので、間違ってはいないのですが・・。

しかし、ケーブルモバイルは、愛媛CATV加入者だろうと安いとは言えません。なぜなら、店舗を構えておりサポート重視のためのコストが料金に入っているから

つまり、格安で電話付きSIMを使おうと思うなら、実店舗の存在しないネット申し込み型のSIMを選ばなければいけないということです

  • 愛媛CATVのケーブルモバイルがお得だと思っている
  • 電話付きで格安SIM運用する場合のおすすめが知りたい

こういった疑問をお持ちの方に、本当に安い格安SIMをお教えいたします。

主要な格安SIM比較

まずは、ケーブルモバイルがそんなに安いと言えない根拠を出しておきます。他社の格安SIM回線を比較しているので、参考にして下さい。

最安値プラン 次に安いプラン 利用回線
LINEモバイル 1,200円(1GB) 1,690円(3GB) ドコモ・ソフトバンク
楽天モバイル 1,250円 1,600円(3GB) ドコモ・au
DTIモバイル 1,200円(1GB) 1,490円(3GB) ドコモ
マイネオ(ドコモ) 1,400円(500MB) 1,600円(3GB) ドコモ
マイネオ(au) 1,310円(500MB) 1,510円(3GB) au
マイネオ(ソフトバンク) 1,750円(500MB) 1,950円(3GB) ソフトバンク
イオンモバイル 1,130円(500MB) 1,280円(1GB) ドコモ・au
OCNモバイルONE 1,600円(1日110MB) 1,800円(3GB) ドコモ
IIJmio 1,600円(3GB) 2,220円(6GB) ドコモ・au
BIGLOBEモバイル 1,400円(1GB) 1,600円(3GB) ドコモ・au
ヤマダニューモバイル 1,250円 1,600円(3GB) ドコモ
NUROモバイル(ドコモ) 1,000円(0.2GB)※最安値 1,400円(2GB) ドコモ
NUROモバイル(ソフトバンク) 1,200円(0.2GB) 1,680円(2GB) ソフトバンク
LIBOM 1,180円 1,580円(3GB) ドコモ
ロケットモバイル 1,250円(1GB) 1,300円(3GB) ドコモ
エキサイトモバイル 1,350円 1,370円(1GB) ドコモ
QTモバイル(ドコモ・au) 1,450円(1GB) 1,550円(3GB) ドコモ・au
QTモバイル(ソフトバンク) 1,700円(1GB) 1,240円(3GB) ソフトバンク
U-モバイル 1,580円(3GB) 1,980円(5GB) ドコモ
NifMo 1,600円(3GB) 2,300円(7GB) ドコモ
LinksMate 1,100円(1GB) 2,100円(5GB) ドコモ
ケーブルモバイル(愛媛CATV) 1,380円 1,580円(1GB) ドコモ

比較してみると、ケーブルモバイルが割高になっていることがお分かりいただけるはず。同時に、安いSIMも見えていると思います。

これらの内、我が家で契約したことがあるものだと、「LINEモバイル・楽天モバイル・DTIモバイル」の3社になります。

次から次へと安いプランが出ていることや、競争が激化しているのでまだ安くなる余地はありそうですね。

パケットなども関係してきますが、0~1GBの最安値プランで1,000円~1,450円くらいになります。こう考えると、1,380円のケーブルモバイルは高い部類に入ってきます

愛媛CATVケーブルモバイルのメリット・デメリット

「高い」と言っても、ケーブルモバイルにもメリット・デメリットがあります。これらのポイントを比較した上で選ぶかという話ですね。

メリット

  • トラブル時に安心な店舗を構えている
  • 電話帳の移行など訪問サポート初回無料
  • 愛媛CATV加入者のみ200円割で利用可能

周りの格安SIMとの違いは、実店舗を構えていることですね。これは冒頭でも書いたとおり、結果的に人件費がコストとなり料金がかさむスタイルです

目には見えないけど、実際にネットから申し込むだけの格安SIMの方が安いためご理解できる範囲かと思います。

ただしネット申し込みでは、SIMカードが届いて、自分で設定することが必要。電話帳の移行なども含めて、初回訪問サポートがついているなどサポート力で選ぶならアリでしょう

定期的にスマホ教室も開催しているなど、どちらかというとスマホに詳しくない方向けとも言えます。

デメリット

  • 自分でネット申し込み&設定できる人には高い

格安SIMはネットから自分で申し込んで、そのまま届いた時に設定することが基本と書きました。僕もネットなどで調べながら、何となくで出来たのでカンタンな設定だと思っています。

誰でもできる設定なので、サポートが要らない人も出てきますよね。そういった方は、やはり割高な契約になってしまうことが想像できます。数百円の差も、積もったら数千円になってしまいますから

「ネットのマニュアルを読んだけど、何となく自分で出来ると思う」という方なら、まず分からなくなることはありません。そのため料金がネックなのが、ケーブルモバイルの特徴です。

【我が家のおすすめ】格安SIMに選びたい厳選2社

ケーブルモバイルは少し割高という話をしてきましたが、それではどの格安SIMなら安いのかという話をします。僕が現時点で比較した中から、おすすめの3社を選びました。

LINEモバイル

  • 圧倒的なまでのLINE優遇措置が強い
  • 月額1,200円と低価格で所持できる
  • SNSがパケット使い放題プランもある

スマホユーザーの大半は、LINEを使うはずなんですよね。要らない方もいると思いますが、連絡ツールとしてアプリを入れておいて損はありません。

ただ格安SIMの欠点に、キャリア携帯でないユーザーはLINEの「ID検索」が使えなくなります。会った人としか交換しない人ならいいのですが、何かの拍子にIDを教えることになった場合に不都合。

僕は婚活イベントなどに参加しているため、IDだけ連絡先として渡すケースも多いので、この機能がとても重要で選んでいます。

しかしLINEモバイルなら、格安SIMであるにもかかわらずID検索も可能。1,200円の低価格から所持できますし、必要ならフェイスブックやインスタといったSNSツールのパケットが使い放題のプランもあります。

といった理由から、LINEモバイルこそ現代の最強格安SIMだとおすすめできるのです。

NUROモバイル

  • 月額1,000円は文句なしの最安値
  • 最安値ではあるが容量を足す可能性があるなら微妙

NUROモバイルは、シンプルに安さを追求しています。電話もネットもSMSも利用できて、月額たったの1,000円。もはや価格破壊ですし、これ以上に安いところは見つかりません。

「回線速度は気にしないから、とにかくスマホを格安で持てればいい」という方は選ぶといいです。

ただ、小刻みに容量を増やせないのが玉に瑕。もし基本の0.2GBで足りない場合、2GBに申し込む必要があります。そうなると料金的に一番安いということではなくなるんですね。

1番安いプラン以外を使う可能性がある方は、逆に避けないといけないというデメリットはあります

まとめ ケーブルモバイルは、実店舗コストのため少し高い

ケーブルモバイルについては解説した通り、実店舗を用意しているのでコストの影響から少し高めです。それなら、別に契約したほうがお得という話をしてきました。

個人的におすすめなのは

  • LINEを中心にSNSをよく使う→LINEモバイル
  • ただスマホを所持しておきたい→NUROモバイル

このように選べばいいです。

電話付きのスマホでも、今や1,000円ちょっとで持てる時代。僕は、格安SIMでスマホを運用しつつ、ピカラ光を使うのが愛媛(四国)における最強のネット回線契約術だと考えています

もしネット回線を見直される場合は、ピカラ光も参考にされてみるといいですよ。

愛媛で「ネット+電話+テレビ」契約ならピカラ光【四国No.1】

「ネットと電話とテレビ」を同時に申し込むと高くないですか? はじめまして。愛媛松山に住むジヌ(36)と申します。僕のエリアは、ピカラ光が使えるため、両親と利用しています。 以前はフレッツ光(ぷらら)を ...

続きを見る

-格安SIM

Copyright© 回線のいちげき , 2021 All Rights Reserved.